header4_bg.fw.png
2022年大会の開催

2022年大会(東京大学)を,以下の要領で開催いたします。今大会は,昨年に引き続きオンラインでの開催に変更します。懇親会はありません。

オンライン参加者は事前登録をお願いします.事前登録していただいた方に、オンライン参加用の情報をお知らせします.事前登録の手続きは、後ほどホームページ上でご連絡します。

・日程:2022年9月17日(土曜日)
・会場:オンライン

・プログラム
 午前中 一般報告,会員企画ワークショップ
 12:00~14:00 理事会・総会
 14:00~17:50 シンポジウム

・シンポジウムのテーマ「変質する資本主義と共生社会形成の担い手」(仮題)
―食料・農業問題の位相変化と地域再生への課題―(仮題・検討中)

第1報告(仮題)変質する現代資本主義の行方―構造変化と環境・資源・格差問題の動向(40分)
報告者:諸富徹(京都大学)※オンラインでの参加

第2報告 (仮題)食料・農業政策の基調変化と食料安全保障の行方(40分)
報告者: 磯田宏(九州大学)

第3報告 (仮題)共生社会システムに向けた「担い手」の広がりと学びの連携 (40分)
報告者: 田中夏子(長野県高齢者生活協同組合理事長・協同総合研究所理事)

・個別報告・会員企画ワークショップの募集
大会での一般報告および会員企画ワークショップを募集いたします.一般報告及び会員企画ワークショップを希望される会員は,下記の「報告の募集について」を参照し, a)個別報告申請書 と b)報告要旨を作成し,6月30日(木曜日)までにご提出下さい.筆頭報告者が会員であるなど,受付のための要件を確認した上,認められた報告につきましては,c)報告内容資料(様式自由)を,9月10日(土)までにご提出いただきます.

 

■報告の募集について 個別報告申し込み要領 会員企画WS申し込み要領